カレンダー ジャンル

TOWER INFO

東京タワー春の恒例企画!333匹の「鯉のぼり」と「さんまのぼり」

東京タワー春の恒例企画!今年は4月5日(火)から東京タワーの麓に登場!
333匹の「鯉のぼり」と「さんまのぼり」


4/29(金・祝)からは「17匹のSDGs鯉のぼり」と「アーティストコラボ鯉のぼり」も!



東京タワーのオレンジ色と青空をバックに、東京の中心で鮮やかに泳ぐ333匹の鯉のぼり。
今年も東京タワーにカラフルな春がやってきます!
「端午の節句」の特別企画として、4月5日(火)~ゴールデンウィークを含む5月8日(日)まで、1階正面玄関前に東京タワーの高さ333mにちなんで、なんと333匹を掲揚します!
カラフルな鯉たちが風になびかれ、いっせいに空を泳ぐ姿を見ることができます。

その鯉たちに混ざって、1匹だけ全長6mに及ぶ「さんまのぼり」。
2011年以降から、東京タワーと友好関係にある岩手県大船渡市の「さんまのぼり」を掲げ、東日本大震災からの復興に、毎年エールを送っています。
1匹だけ紛れ込んだ「さんまのぼり」、ぜひ現地で探してみてください。

鯉のぼりの中にひときわ目を引く「さんまのぼり」

また、4月29日(金・祝)から「SDGs鯉のぼり」と「アーティストコラボ鯉のぼり」を初めて追加します。
「SDGs鯉のぼり」は、SDGs17項目のカラーバリエーションで、口元には17項目それぞれのアイコンを配置。
「アーティストコラボ鯉のぼり」は、iPhoneのみでデジタルアートを創作する現代アーティストの池田真優氏が手掛け、自身のアート活動を通じて子どもたちに夢を与えるという想いを鯉のぼりに託します。

子どもたちの健やかな健康と笑顔。そして、世界平和を願う気持ちを東京の中心から、鯉のぼりに乗せて世界に届けます。

東京タワーのオレンジ色と青空をバックに、東京の中心で元気に泳ぐ333匹のカラフルな鯉のぼり・・・
その姿を眺めていると、自然と気分も春めく気がします。
東京ではすっかり見かけることが少なくなった鯉のぼりですが、ここ東京タワーでは、"春の風物詩"として、家族連れはもちろん、カメラファンにも親しまれています。

開放的な屋外で楽しめる圧巻の鯉のぼり装飾を、ぜひ見に来てくださいね!

東京タワー春の恒例企画!
333匹の「鯉のぼり」と「さんまのぼり」

・期間 2022年4月5日(火)~5月8日(日)まで終日掲揚
・場所 東京タワー1階正面玄関前
・主催 ㈱TOKYO TOWER
・企画 ㈱TOKYO TOWER、㈱KAKERUWA
・後援 港区
・協賛 (株)banker、和合、BASHLINE Inc、日本声優事業者協議会、(株)ココロミル、
    Humming for peace、日本チェルノブイリ連帯基金、Music for SDGs、「有り、触れた、未来」、
    (株)COLBIO、(株)Hands UP 日本橋龍馬会、TAG LINE inc、Super Massive Grobal(株)、
    (一社)インバウンド観光総研


©2015 TOKYO TOWER. ALL RIGHTS RESERVED. 当ウェブサイトに掲載されているロゴ・画像・文章等の無断転載・複製を禁じます。

TOPに戻る